寿陵

仕事柄、お墓について色々と考えます。

生前に建てる墓は「寿陵」と呼ばれます。

Netの辞書には、

「生前につくっておく自分の墓。長寿を招くなど縁起がよいものとされる。」

           とあります。

 

生前に墓を建てるなど縁起でもない、と言われる方もおられます。

でもこれは、縁起と言うことの理解が甘いかな...。

 

さて、人はいつかは死にます。私も既に3回死にかけました。

3回目は目を開けると、周囲で家族が泣いていました。

もっとも、よく聞く赤い川も綺麗なお花畑も見ませんでしたが。

 

死後のことについては色々な事を言う方がおられますが、

残念ながら本当の世界はわかりません。

せめて自分の終の棲家を、元気なうちに見ておく。

これが寿陵の大切な意味のような気がします。

 

台風から好天

ずいぶん心配したのですが、8日のみ小雨で済みました。

好天に恵まれ、9日からの3日間順次お墓を建てることが出来ました。

お陰様で、残り区画がずいぶん少なくなりなりました。

 

新企画墓のコーナーも少しずつ増えてます。

 

f:id:gokurakuboen:20201011133644j:plain

大変喜ばれ、年内にもまだ増えますヨ。

 

今日から10月

最近、朝晩が涼しくなりました。

通勤時の外気温も16度前後。

日中の温度との差が大きいので、皆様お気を付けください。

 

f:id:gokurakuboen:20201001113206j:plain

f:id:gokurakuboen:20201001113307j:plain

 

相変わらず下手な写真で、実際の美しさが出ませんが、

キバナコスモスやコスモスが咲き乱れて、とても綺麗です。

晴れの日が続きそうですので、是非おいで下さい。

秋です

少しく降り続いた雨が上がり、絶好の青空。

秋日和です。

澄んだ空気と高い空。

 

秋のお彼岸も無事終わりました。

数基のお墓の建立準備が整い、

10月初めにも立ち上がる予定です。

 

ここ最近見学のお客様も多くなりました。

ご好評を戴き、残りの墓地も少なくなっています。

踏ん切りをつけて決められると、

皆様すっきりして安心して帰られます。

 

皆様のご来園をお待ちしております。

 

 

 

敬老の日に想う

敬老の日、文字通りに取れば敬される(?)方になった。

テレビや新聞他、あらゆるメディアで報道されてる通り、

女性の4人に1人が70歳以上で、100歳以上も8万人超え、

しかもその9割が女性だと言う。

年齢だけは男女同権ではないようだ。

 

敬老の日を設定しなければ、敬してもらえない世になったが、

わが身を顧みて、仙厓和尚の言葉が身に染みる。

f:id:gokurakuboen:20200921092723p:plain

あーぁ、年は取りたくないもんだ!と思ったら、

「老年の悲劇は、彼がおいたからではなく、

       彼がまだ若いところにある」 ワイルド

 

言えてるなぁ...><

 

 

 

 

過しやすい季節になりました

お彼岸に入って朝晩過ごしやすくなりました。

色々な制限が緩和され、お出かけになる方も多いと思います。

 

墓園も墓参の方が増えていますが、まだお盆ほどではありません。

快晴の空の下、気持ちよくお過ごしいただけます。

 

お参りで心も晴ればれしますよ^0^

皆様のお越しをお待ちしております。

 

秋の彼岸が近付きました

明後日19日(土)が彼岸入りです。

この週明けから、朝が涼しくなりました。

騒いでいたカエルや蝉の声は少なくなり、

虫の声が喧しくなって秋を感じさせます。

 

天気予報が当たれば、このお彼岸は晴れが続きそうです。

このあたりから、供花も日持ちがするようになりそうです。

お盆が明けてから台風のこともあり、

枯れかけた供花を取り除かせて戴きました。

お参り用の桶や柄杓も、少しずつ新しくしております。

 

皆様が気持ち良くお参り戴ければ幸いです。