春の彼岸入りに思うこと

今日から春の彼岸です。

 

広島市内中心部より、少し海抜の高い我が墓園。

梅も桜も少し遅れて満開を迎えます。

 

それにしても不思議なことは、年年歳歳花相似たりで

季節ごとに花を咲かせることも不思議ですが、

最初の種の中のどこにそのシステムが潜んでしたのか...。

 

多細胞生物は最初の受精卵が細胞分裂を繰り返して...

と言うのは誰だって知っていることですが、

同じ細胞がいくら増えても、沢山の受精卵のカタマリにすぎませんよね。

どうして根になったり幹になったり、おまけに花になったりするんでしょ。

 

身長5メートルの人もいなければ、20センチの人もいない。

どうして適当なところで成長が止まるのでしょう。

そしてどうして最期を迎えるのでしょう。

 

不思議な事ばかりです ^0^

 

難しい...

いつ頃の本だろうか。かなり昔の本だと思うけど...。

「人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ」

と言う本が世界的なブームをお起こした記憶がある。

本の紹介記事には、

「人間、どう生きるか、どのようにふるまい、どんな気持ちで日々を送ればいいか。

 本当に知っていなくてはならないことを、わたしは全部残らず幼稚園で教わった

 ―全米の学校、企業、政界、マスコミで大ブームを起こし、数千万の読者が

「なるほど」とうなずき、日本でもロングセラーとなった伝説のエッセイ集」 

とあった。

 

哲学的に考えればきりがないが、死期が近付いてきた今考えてみると、

この本の表題にあるようなことがホントだなと。

ただ生まれて、ただ生きて、そして死ぬ。

少なくとも今の日本では、これがホントに難しい。

 

死んで焼骨となれば、自ら墓に入ることもできない。

最期の尻拭いで墓の建立ぐらい自分でしておいて、

墓に入れてもらわなければ、樹木葬や合祀されたら

とても浮かばれないなと思う。

 

 

 

 

漢字

無駄な抵抗、年寄りの冷や水..を始めて3か月が経過。

一日のうちのわずかな時間ですが、どうやら続いています。

成果はどうかと言えば、忘れていくのと競争で何とか勝ってるかな ^^;

 

漢字の樹海に飛び込んでしまったようです。

所詮、漢字も伝達手段(言葉)である以上生きているわけですが、

長い歴史の上で、中国では訳の分からない簡体文字になってしまってるし、

日本でも当用漢字の問題などで、表記がまちまち ><

良くない頭の中が、余計にこんがらがってしまいます。

 

漢字は感字で、伝わればよいという見方もあります。

結局どんな難しい漢字を知っていても、伝わらなければ意味がない。

しかしそれでもその漢字を使うことで、よりイメージが正確になる

と言うのもありそうですし...^^

 

以上、戯言でした。

 

 

 

雨の雛祭り

男の子ばかりの我が家に、ようやく女の子の孫ができ今日はひな祭り。

祝ってやりたいが転勤で遠方にいる。

お猿さんも2歳になれば人間らしく可愛くなった ^^;

 

現代の通信技術は素晴らしく、TV電話で話もできる。

可愛いおしゃべりが愛らしく、親の異動で帰るの待つだけ...。

 

好いとこ取りの爺は楽ちん、婆は色々大変だ ^0^

同居になればさらに大変。静かな生活とは当分おさらば。

 

はてさて、慣れる日は来るんだろうか....^^

 

今日から3月

早いですねぇ、もう三月になりました。

今年は積雪も一日だけで、暖かな冬だったですね。

そのせいかどうかは分かりませんが....

f:id:gokurakuboen:20190301110516j:plain

名物の枝垂れ桜がほぼ満開ですが、花が少なめ ><

近くの白梅の林も花が少なめなので、裏年かなぁ。

f:id:gokurakuboen:20190301111659j:plain

三期奥の河津桜も咲いてきました ^0^

 

春の彼岸も近づき、色々楽しみです。

 

備え

備えあれば患いなし...と言いますよね。

広島は平成26年8月に豪雨による大きな災害がありました。

それから4年後の平成30年7月にも大きな豪雨災害を受けました。

災害が起きる度に、備えの不備が取り上げられます。

お金と時間がかかる事なので仕方ないとも言えますが、

災害復旧にかかるお金と時間を考えれば、

やはり備えておくべきだったのじゃないかと思えるのです。

広域の公的な備えについては、手が出せなくても、

我が家のことなら色々手が打てると思います。

なのに、なぜ怠ってしまうのでしょうか....。

いつ起きるかわからない、起きないかもしれない と言う思いが

備えを遅らせる一番の原因かもしれません。

 

仕事柄、来園されるお客様には繰り返しお話しします。

お墓は皆さんが元気なうちに早めに備えておくべきですよ..と。

後鳥羽上皇の無常講式ではありませんが、人には必ず最期があります。

そしてそれがいつなのか誰にもわかりません。

しかも、起きないかもしれないこと では無いことも確かです。

そんなことは誰だって知っていることなのに....。

 

500世帯以上のお客様とお話しすると、十人十色の事情が聞けます。

ただそんな中で結論としていえることは、

早く備えた人が安心して暮らしておられるという事です。

 

 

 

 

 

漢字

昨年の11月末に、漢字が思い出せないこと書きました。

なんとなく悔しいので、ネットを色々調べて「漢字テスト」に

挑戦し始めました。

 

初めは小学生程度でも思い出せないことがあり自己嫌悪...><

中学生程度や、まして高校生程度になると、全く歯が立たない ><

腹が立つやら悔しいやら(自分に)で、なんとなく毎日続けました。

 

2ヶ月が経ちふと気づいてみると、何となく覚えているようになり、

筋肉と一緒で(爺でも)続ければそれなりに回復するもんだと...^0^

 

それにしても、漢字の歴史は奥深いし、ましてや日本語化するにあたって、

複雑さがより増しているので難攻不落です。

 

続けたってどういう物でもないのですが、もう少し続きそうです。