読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美鈴極楽墓園がめざすもの... 1 

散骨や樹木葬ひいては合葬墓が、時代のブームのように取り上げられています。

それぞれに時代の要求があることで、即座に否定するものではありませんが...。

現実のそれは、実はごく少数派で、大多数の人は伝統のお墓を重んじておられます。

( 調査データから明らかなのですが、マスコミはすぐブームに飛びつきますから )

 

最初につくった折込みチラシです。

f:id:gokurakuboen:20160227154443j:plain 

私も若い頃、自分のことは散骨で良いと考えていました。

でもその後、二つの事件が考え方を変えてくれたのです。

一つ目は長男の死。20歳で事故死しました。

勿論散骨など出来よう筈はなく、ちゃんとした墓を建てて入れました。

子を失った母親の心持ちを察すれば、当然のことでした!

それでも私自身のことは別で、相変わらず「俺は散骨でよい」言っておりました。

親鸞聖人の「われ死なば、骸は加茂川に入れて魚に与うべし」とか

小町の「われ死なば 焼くなう埋むな 野に晒せ 痩せたる犬の 腹を肥やせよ」とかの

かっこよい言葉に惹かれていたのかもしれません ^^;

 

それから10年。二つ目は私自身が人事不省に陥り救急車で運ばれて、

病院で気がついた時は親族に取り囲まれていました。

医師から駄目だと言われて家族が集合していたのです。

それから自分の死を真剣に考えるようになり、妻とも色々話すようになりました。

妻から「あなたはそれで良いかもしれないが、残された者の事を考えて!!」

といわれ、気づかされたのです。

f:id:gokurakuboen:20160227154457j:plain

 お墓は残された人のためにもあるのだと!!