読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蒸し暑い日が...

こんにちは。

梅雨のなかった北海道に梅雨が始まったりして、

日本はいつの間にか亜熱帯気候になったようです。

6月初旬だというのに30度を超す日があって、

子供のころ(50年前^^;)なら夏休みじゃん!と思います ^^。

 

こんなに気温が高い日が続くと、お墓の供花がすぐに傷みます >< 。

菊花を長持ちさせるには、できるだけ葉を少なくしてやります。

スターチスは少し背丈を短めに(花は長持ちですが、茎が持たない )。

百合の花は必ずオシベの黄色いところを取り除いて。

ポピーやガーベラ、カーネーションのような草花系は弱いです。

風ですぐに茎が折れますので、上手に活けて下さい。

 

見回り時に気を付けておりますが、完全に枯れた花を取り除く

くらいのことしかできません(ごめんなさい 🙇 )。

そういう意味で、この時期には造花もアリだと思います。

生花でないと確かにちょっと抵抗はあるのですけれど...。

 

「一枚の紙に雲を見る」(ティクナット・ハン)的な発想ですが、

心がこもっていればそれでよいと思うのです(個人的感想です)。