読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鶴と亀

おはようございます。

お彼岸が近付きました。ちょと台風が心配です ^^;

 

面白い話を見つけたので、ご紹介...^^

 

お婆さんの膝に寄り添い、可愛い手を合わせて仏壇を拝んでいた孫が、

ある朝、不思議そうに尋ねた。

「鶴や亀は、どうしてあんなところにいるの?」

「それはね、鶴は千年、亀は万年と言って、めでたい生きものだから、

 お浄土のような綺麗な仏壇の中にいられるのだよ」との答え。

孫は、ますます不思議そうに、

「鶴は千年、亀は万年たつとどうなるの?」

「わかってるじゃないか、死ぬんじゃがな」

「鶴や亀は、死ぬとどうなるの?」

「鶴や亀は、めでたい生きものだから、死んだら直ぐお浄土へ行くのさ」

「お浄土へいってどうするの、お婆ちゃん」

 

「まあ、おまえは、わからない子だね。

  お浄土へ行ったらローソク立てになるのじゃがな」

 

                   柴山全慶 禅心禅話 より