読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愚か者のことば 

こんにちは。

数年前ですが、こんなことを考えました。

 

深海探査船が、光も届かない海底の様子を見せてくれました。

想像を絶する高圧。

地底から勢いよく湧き出る、硫黄を含んだ熱水。

少し離れれば極低温の暗闇。

餌も少ないこの劣悪な環境下に、

よく生物がいるものだとアナウンサーの声。

 

その時ふと思ったのです。

そこに棲む深海生物たちにとって、

本当にそこは不毛で劣悪な環境なのだろうか。

上から目線の人間の身勝手な評価ではないか。

もし人間が、救ってやるつもりになって、

温かで餌も豊富な、低圧の海表面に移したら、

そこに待っているのは..死 ?

 

「救い」とは何か?

その時、その場所、そのままで、救われることじゃないかと..。